良い文法は多くの理由で重要である。 第一に、人々が明確に意思疎通できるようになる。 適切な文法を用いれば、意味が確実に伝わる。 第二に、良い文法は私たちが知的で教養があることを示す。 プロフェッショナルな場では、文法が悪いと馬鹿にされ、潜在的な雇用主やクライアントに能力を疑われかねません。

このブログ記事で
ULC
英語 語学学校
外国人のための英語クラス
では、文法の中でも少々わかりにくい2つの側面、名詞と動詞を取り上げます!

名詞とは何か

その前に 動詞とは何か、名詞とは何か はスピーチの重要な一部である。 人、場所、物の名前だ、 そして のアイデアだ。 名詞がなければ、私たちはコミュニケーションに苦労するだろう。 私たちが話したり書いたりするときに、具体的であることを助けてくれる。

名詞はさまざまな方法で分類することができる。 少し複雑になるが、名詞にはさまざまな種類がある!

普通名詞は「犬」や「木」のような一般的なものの名前である。 固有名詞とは、Mr.スミスやロサンゼルスなど、特定の人、場所、物の名前である。

具体名詞や普通名詞は、石や机のように触れることができるものです。 抽象名詞とは、愛や正義のような、私たちが触れることのできない観念のことである。 最後に、集合名詞とは、「群れ」が「犬」の集団を、「チーム」が「人」の集団を指すように、名詞の集まりのことである。

名詞はまた、文の主語としても目的語としても使えるので重要である。 主語は動詞を行う名詞であり、目的語は動詞の影響を受ける名詞である。

例えば、”The boy kicks the ball “という文では、”boy “が主語で、”ball “が目的語である。

このように、名詞はコミュニケーションや文法において重要な役割を果たす。 それがなければ、私たちは自分自身を明確に表現することが難しくなる。

動詞とは何か

名詞とは何か? 名詞とは何か いくつかの例次に動詞. 動詞はしばしば「動作の言葉」と考えられているが、状態や感情を表すのにも使われる。 実際、動詞は最も汎用性の高い品詞のひとつであり、コミュニケーションにおいて重要な役割を果たしている。 動詞を真に理解するためには、動詞を「動作動詞」「連結動詞」「助動詞」の3つに大別するのが有効だ。

動作動詞とは、物理的または精神的な動作を表す言葉である。 移動動詞と組み合わせて使われることが多い。

要するに、動作動詞は文章に興味と細部を加えるために様々な使い方ができる万能な言葉なのだ。 よく使われる動作動詞には、走る、歩く、這う、考える、感じる、信じる、跳ぶ、座る、立つ、話す、などがある。

連動動詞は動作を表すのではなく、文の主語と、その主語を言い換えたり説明したりする名詞や形容詞を結びつけます。 最も一般的な連結動詞は、am、is、are、was、were、being、beenというbe動詞の形である。

助動詞は助動詞とも呼ばれ、動詞の時制の形成を助ける。 例えば、現在形の動詞は助動詞 “am”、”is”、”are “で形成され、過去形の動詞は助動詞 “was”、”ware “で形成される。

動詞の種類と使われ方を理解することで、より効果的なコミュニケーションが可能になり、文章をより良いものにすることができる。
文章やスピーチを
より面白くすることができます。

名詞と動詞を学ぶことの重要性

名詞はコミュニケーションの基礎である。 それらは、私たちが意味を構築するために使用する構成要素を提供する。 名詞がなければ、私たちは自分の考えを表現したり、自分の経験を説明したりすることができない。

一方、動詞は文章に生命を与えるものだ。 アクションや動きを伝え、聴き手の頭の中に絵を描くことができる。 一緒にね、 名詞と動詞が名詞と動詞が私たちにできることは、言語のタペストリーを作ることである。

ULCで文法力をアップ

コースをお探しなら コース をお探しなら 上達するための コースをお探しなら 英語英語上達コース
私たちとおしゃべりしましょう
ユナイテッドランゲージセンターにて。 豊富な品揃え シンガポールの外国人向け英語クラス、文法はすぐにマスターできます!

ULCでは
プライベート英語レッスン
,
中級コース
,
プロフェッショナル英語コース
そして
子供のためのオンライン英語クラス
. 英語力の有無や学習方法にかかわらず、当校の
英語スペシャリストのチーム
は、あなたが英語をマスターするために成長するのを助けるために、十分すぎるほどの設備が整っています。