就職面接は、潜在的な雇用者に自身の専門的および対人スキルを示すための刺激的な機会です。組織がますますグローバル業界や海外とのつながりに焦点を当てるにつれて、専門的な英語スキルを持つことは、ライバルと一線を画すことができる大きなメリットです。 ULCのプロフェッショナル向け英語レッスンコースからいくつかのヒントを集めて、就職面接に至るまでの英語スキルと文化的能力を示す方法をご紹介します。

1.レジュメ/履歴書作成

履歴書は、潜在的な雇用主があなたについて最初に読むものであるため、優れた第一印象を与えることが不可欠です。高い英語力を身に付けることで、細部への注意力と一般的な能力が示され、就職の面接を受ける機会が増えます。英語のスキルにあまり関係のない間違いを避けるために、プロが書いた英語の言葉や慣習を理解することが重要です。私たちのプロフェッショナル英語コースでは、業界の講師が専門的な文脈での適切な英語の使用法を教え、明確で簡潔で説得力のある履歴書を作成するためのスキルの上達をサポートします。

2. カバーレターの書き方

カバーレターは、職業上の業績の簡単な説明を通して、自身の個性、労働倫理、および職業上の目的を表現するためのものです。ここでは、創造性を発揮し、コミュニケーションスキルを披露することができます。業界固有の語彙と、より複雑で多様な文の構造を使用してみてください。高いコミュニケーションスキルを持っていることを雇用主に伝えることはできますが、ダイナミックで巧妙なカバーレターを通してそれらを表現するとはるかに効果的です。シンガポール以外の英語を話す会社にカバーレターを提出する場合は、その国のカバーレターの書き方をよく理解しておく必要があります。 ULCのプロフェッショナル英語クラスでは、正式な就職面接に招待される可能性を最大限に高めるために、これらのことを行う方法の概要等を説明します。

3. プロフェッショナル英語で対応

メールでも対面でも、質問やコメントにはプロフェッショナルな英語で回答する必要があります。潜在的雇用主に対応する場合、単語を再確認したり、文法上の意味を調べたりする機会はありません。それでも応答は迅速で、また職場で使用する英語についての理解度を反映している必要があります。コミュニケーションスキルが不足していることを就職面接の場で示すためだけに、優れた履歴書とカバーレターを書くことは避けるべきです。自主学習やULCの働く方向けの英語コースを通して、専門的な英語力を向上することができます。コースでは、実際の面接シナリオを実践する機会が与えられるため、就職面接の際に自信を持って面接に取り組むことができるようになります。

4. 姿勢と服装

面接で話す前に、面接官はあなたの身なりに基づいて判断を下します。だらしない服装をしていると、面接を真剣に受け止めていないか、細部に気を配っていないことがわかります。あなたが席に腰を下ろしたり、そわそわしたり、不快に見えたりする場合、面接官はあなたが彼らの会社で卓越するために必要な自信が不足していると感じるかもしれません。面接の前に少し時間を取って、着る服について慎重に考えてください。それらが適切であることを確認してください。言い換えるならば、「望む仕事のために服を着るべし」。

 ULCのサポートを受けて就職面接合格

就職面接は複雑で恐ろしいものである必要はありません。適切な準備をすれば、コミュニケーションとプレゼンテーションのスキルを効果的に発揮し、面接プロセスを簡単に進めることができます。英語を話す職場に入る準備をするために、ULCのプロフェショナル英語コースでは、シンガポールおよび国際的なさまざまな業界の専門家としての経験を持つ英語話者からの洞察を提供します。早速ULCの英語クラスにサインアップして、職場で成功する最高のチャンスを自分に与えましょう!